プロフィール

オフィス レアリーゼ 代表
心理カウンセラー 神田裕子

心理カウンセラー 神田裕子

略 歴

北海道出身。藤女子大学、一般企業秘書を経て独立。

1989年、所属する心理学研究所からの派遣により、 札幌市内の専門学校・短期大学において教鞭をとる。
心理学コミュニケーション論表現法秘書学
人間関係論就職対策 等を指導。
同時に学生相談室のカウンセリング業務に従事。

1996年、札幌市の後援を受けアメリカポートランド市にて カウンセリング調査を実施。市民の意識と実態をレポートする。
帰国後同年3月 「ゆうカウンセリングオフィス」を設立。

1998年より北海道庁のメンタルヘルス講座・調査を担当する。
その後、北海道各地の官公庁や全国の一般企業を対象に講演・研修の活動を開始した。

2001年 法人化、2004年には心理カウンセラーを養成するスクールを北海道各地、ついで熊本、東京と開校し数多くのカウンセラーを輩出する。

2014年4月会社を譲渡し「オフィスレアリーゼ」設立。
同年7月一般社団法人コンピテンスカウンセリング協会を設立。
心理学系のさまざまな資格認定とスキルアップのサポートをしている。

2015年4月より拠点を東京に移し現在に至る。
2016年6月に『はじめての「自分で治す」こころの教科書』(Clover出版)を出版。同時に「メンタルコンサルタント養成講座」を全国開催している。
また、臨床現場への復帰で心理カウンセリング、産業カウンセリングも再開、さらに起業、新規事業アイディアのコンサルティングもしていくなど精力的に活動を続けている。

高校時代から始めた演劇においては、20代の頃東京の劇団に所属し名脇役として演劇評論家の支持を得る。
その発声法や話術を活かした講演・研修は受講者を”元気づける”と、全国よりリピートを含め年間300回以上もの「神田節」への依頼有り。

テレビ・ラジオ等メディアにも数多く出演。北海道の地方局(HBC、UHB)ではコメンテーターとして活躍している。

プライベートにおいては42歳で女児出産。ワークライフバランスを自ら実践している。
現在、夫とマンションを札幌に残し、娘とともに東京で単身赴任?生活中。30年連れ添っている夫とは、10年前に籍を抜き「事実婚」の形を取っている。ケンカが多くなったのは「家族というものへの依存」であると思ったからである。

2015年より上智大学のグリーフケア研究所研究生として終末ケアや宗教論、スピリチュアルケア等を研究したのち、ルーテル学院大学臨床心理コースに編入、2019年春に卒業予定である。卒業論文のテーマは『ストレスコーピングへの喪失感・死生観の影響』。同春より立教大学大学院21世紀社会デザイン研究所の修士課程に進学予定。

公職・役員

  • 経済産業局アントレプレセミナー 「ビジネスアイディアコンテスト審査員」(H14年度)
  • 広報広聴推進委員(H13・14年度)
  • 北海道地方活性化員(H12・13・14年度)
  • 北海道人事委員会 「北海道職員等採用上級試験における人物試験の評定員」(H13~)
  • 札幌市経済局「札幌市新商品・新技術開発審査委員会委員」(H16・17年度)
  • 北海道経済部「北海道産業政策アカデミー委員」(H15年度)
  • 北海道女性起業家ネットワーク代表(H11~15年度)
  • 北海道産業保健推進センター特別相談員
  • 日本カウンセリング学会会員
  • 心理相談員
  • 厚生労働省認定産業カウンセラー
  • メンタルヘルスコンサルタント
  • 日本アンガーマネジメント協会認定シニアファシリテーター

メディアへの掲載

2015年11月

2014年07月11日

第741回 心理カウンセラー 神田裕子さん

スクリーンショット 2015-11-29 1.06.40

スクリーンショット 2015-11-29 1.06.55

掲載ページはコチラから

お問合せ

研修・講演、コンサルティングや個人カウンセリングなどのご相談、ご依頼は下記連絡先または「お申込み・お問合せ」よりお気軽にご相談ください。

オフィスレアリーゼ

〒106-0045 東京都港区麻布十番1丁目2-7-701
TEL:080-3292-5005
MAIL:info@ccajpn.jp