ストレスと上手くつき合うには

ストレスを感じずに生活することは不可能です。「ストレスは人生のスパイスである」という言葉のとおり、人はストレスがあるからこそメリハリのある生活を送り、生きがいを感じることができます。

しかし、過度なストレスはメンタルヘルス不調の原因となります。メンタルヘルスが悪化すると様々な病気を発症する可能性が高くなります。上手にストレスとつき合うことが重要です。こちらでは、ストレスとのつき合い方についてご紹介します。

ストレスサインに気がつく

ストレスの感じ方は人によって異なります。同じ環境で働いている社員でも、軽度のストレスでモチベーションが高まる人もいれば、心が潰れそうなほど辛い思いをしている人もいます。そのため、「あの人が頑張っているのだから、自分もストレスに耐えなければ」というように他人とストレスレベルを比較するのはおすすめしません。

また、ストレスの感じ方はその時の体調や心の安定感にも左右されます。以前はこれくらい大丈夫だった、という人でも、その時と全く同じ状態ではない前例は当てはまりません。今の自分のコンディションと冷静に向き合って判断する必要があります。過去の経験から自分のストレスサインにはどのようなものがあるのかを考えてみましょう。その変化に素早く気がつくことで、ストレスに対して早急に対処することが可能になります。ストレスサインが出たら、大事に至る前に休息をとることを心がけてください。

ストレスを溜め込まない方法

ストレスを溜め込まないようにするためには、一人で抱え込まないことです。仕事や人間関係に対して、悩みを抱え込んでいる方は少なくありません。自分の中に悩みを抱え込むと、時間が経つごとにそのストレスは大きくなっていきます。解決に結びつかなくても、言葉に出すことでストレス解消に繋がります。近くに相談できる相手がいないのであれば、カウンセリングなどを利用してはいかがでしょうか。

メンタルヘルスのセルフケアを行うためにも、ストレスと上手くつき合えるようにしましょう。レアリーゼではメンタルヘルスをテーマとした講演・研修も行っています。ストレスとうつ病の関係やメンタルヘルス不調の基礎知識、ストレスコントロールなど、様々なテーマを取り上げています。メンタルヘルスに興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。